入居審査

MENU

入居審査

賃貸の入居審査についてですが、賃貸物件に入居する際には多くが入居審査と呼ばれる審査があるといわれています。入居審査では何を審査されるのか、これから賃貸を借りようと思っている人にとっては不安な要素のひとつかもしれませんね。賃貸の入居審査では本当に色々なことをチェックされると思います。たとえば、年齢や勤続年数、保証人の有無など色々なことをチェックします。賃貸物件を借りる際に年収がなぜ必要なのか、それはやはりきちんと家賃を支払っていくだけの能力があるのかということをチェックされるわけです。年収が低かったとしても大きな企業で働いているという場合には入居審査に通りやすいと思いますし、逆に賃貸の入居審査で年収は高かったとしても、不安定な職についているという人は少し審査に通りにくいということになるのではないでしょうか。意外に年収よりも賃貸の入居審査でチェックされる際にきびしいのは、職業だといわれています。年収よりも職業の方が重視されるケースが多いのです。たとえばフリーターや派遣で働いている人よりも正社員として働いている人の方が断然入居審査に通りやすいと思いますし、賃貸に入居する際に水商売や何かイメージが悪いような職業についているという人の場合には、どれだけ年収が高かったとしてもあまりいい審査結果を得ることが出来ないということもあります。

 

他にも賃貸の入居審査でかかわってくることの内容としては、保証人なども審査の際にはキーポイントになってきます。保証人の続柄は基本的には入居する本人の2等親ということに決まっていますから、親か兄弟、祖父母ということになっていますが、祖父母を賃貸の保証人にさせる場合には年齢などの問題からあまり審査ではいい結果が得られないこともあります。一番いいのは親兄弟に保証人を頼むことになっています。他にも賃貸の入居審査で見られることとしてはその人の人柄などもチェックされます。その人がどんな人柄であるのかということはこれから入居するうえでは大切なことです。集合住宅の賃貸にはいるわけですからそれなりにきちんとしている性格で他の入居者ともうまくやっていけるかどうかということはポイントになってくるのではないでしょうか。よっぽどの性格や何か悪いことをやっていた人以外は賃貸の入居審査にとらないということはないと思いますが性格や人柄なども関係しているということをよく覚えておくといいのではないでしょうか。

厳選4

#サイト名PRリンク